トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)対策…リーディングの極意

トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策
トーイック(TOEIC)のリーディング対策において、英文をたくさん読むことはとても大切なことです。しかしただ闇雲にたくさん読むだけでは、満足感は得られても英語が身についてこない場合があります。もちろん多読は必要ですが、自分のトーイックスコアを引き上げる為には、テーマを絞って精読する事が必要です。
つまり自分が興味のあるテーマに絞って英語を読むことが重要なのです。好きなテーマであれば飽きずに続けて読めますし、興味のあるテーマなら予備知識が豊富な為、少し難しい文章でも推測できます。また同じテーマを追っていくことで似たような単語が出てくるので強くイメージが残り、覚えやすくなります。背景を理解した上で単語を記憶するので自分レベルで理解できるようになります。

トーイックのスコアアップのためには先に精読で細かい部分を学習し、後から多読で応用していくようにするのが効果的です。つまり読む量が増えればボキャブラリーが広がり、英語のリズム、構造を身体で吸収することができます。また新聞、雑誌、小説などによって文体や表現が違うので、いろんな種類の文章を読むことが大切です。
あくまでも精読をやるのが先ですよ。

TOEIC testリーディングの鉄則  
直読・直解で極める最強の英文リーディング  
タグ:TOEIC 英語

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。