トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)と英検の違い

トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策 

トーイック(TOEIC)は受験者全員が同じ試験を受け「スコア」という数値で評価をうけます。
トーイック(TOEIC)900点を目標にしていた人が890点で目標に達しなかったとしても
「トーイック(TOEIC)890点」という資格を得ることはできるわけです。これは700点でも500点でも同じこと、トーイック(TOEIC)を受けた時点で何らかの資格を手に入れるわけです。

しかし英検はそうはいきません。合格しないと資格をもらえないのです。合格点をたとえ1点
でも下回ったらなんの資格にもならないのです。

トーイック(TOEIC)は初心者,上級者にかかわらず同じ試験を受けます。
一方、英検の方は自分にあった「級」を選択します。何回も受けている人なら良いですが
英検経験の浅い人、初めて受けようとする人には自分がどのくらいのレベルなのかの判断は難しいものです。
自分にあった級を選ばないと受験料の無駄になってしまいます。簡単過ぎても難し過ぎても後悔する事になります。

トーイック(TOEIC)の場合はそんな悩みはありません。試験を受けさえすればいいのですから。
模試データ分析でわかったTOEICテスト4万人の弱点 
毎日忙しい人が10日間でTOEIC 800点レベルの語彙力を目指す効率学習英単熟改訂版  
タグ:TOEIC 英語 英検
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。