トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)と英検の比較

トーイック(TOEIC) スコアレベルアップ対策
トーイック(TOEIC)も英検も英語の力を測る試験です。語彙、リスニング、文法、リーディングなどさまざまな分野がありますがトーイック(TOEIC)や英検などの英語の試験はこれらをバランスよく測ることを期待されています。一般的にトーイック(TOEIC)の方が英検よりバランスがとれていると考える人が多いようです。たとえば英検は語彙に偏り過ぎているように思えます。英検1級はその傾向が顕著でイギリス人やアメリカ人でもよく意味のわからない単語が出てくるそうです。

ただ小学生、中学生、高校生には英検の方がある意味向いているかもしれません。トーイック(TOEIC)は年齢に関係なく誰でも受験できますが、色々な年齢の受験者が同じ問題を同じ部屋、同じ制限時間で問いていきます。
まだそれ程英語が得意でない小中高生が大人と同じ問題を解くのはきついかも知れません。
一方英検は級を設けていて、学校のカリキュラムと組み合わせて級を選ぶことができます。たとえば中学3年生なら3級という具合に目安が設けられています。
トーイック(TOEIC)もその辺を考慮し、トーイック(TOEIC)の簡単なバージョン、TOEIC Bridgeを実施しています。

英検は1級、準1級、2級、準2級、3級の場合、筆記の1次試験に加えて、面接の2次試験があります。筆記試験では測れない、スピーキング力を測れるわけです。一方、トーイック(TOEIC)には基本的に面接試験はありません。
ただし、TOEICもまったく面接試験を実施していないわけではありません。TOEIC LPIという別途申し込みの面接試験を行っています。
今のところ受験会場が東京と大阪だけで普及にはもう少し時間がかかりそうです。

 キャリア・アップのための英語資格取得完全対策
 新TOEICテストスコアアップ完全模試
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。