トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)リーディングはこうして攻略

トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策
トーイック(TOEIC)のリスニングは自分で時間配分するわけにはいきませんが、トーイック(TOEIC)のリーディングの方はある程度自分のペースで解くことができます。かといって難しい問題に時間をかけたりしてペース配分を間違えると、制限時間内に全てにマークすることができなくなってしまいます。リスニングと同じくトーイック(TOEIC)のスコアに必要なのは正解した数であって簡単な問題も難しい問題も、1問正解に変わりはありません。ここでも迷った問題は勘でマークして、次の問題に集中するという心構えが必要です。時間があれば解けるかもしれない問題を解く時間がなくなっちゃうのはもったいないですよね。人によって時間配分は違いますが、自分にあったペース配分を決めてそれを守ることが大事です。模試などをやってみた上で各パートごとの制限時間を決めて(たとえばパート5,6は1問30秒、パート7は1問1分とか)5問か10問ごとにチェックしましょう。それでもたいていの人が、最後まで終わらずに制限時間が来てしまいます。慌てずに制限時間が近づいたら適当にマークしてとにかく全部うめてください。
新TOEICテストスコアアップ完全模試
TOEIC testリーディングの鉄則
タグ:TOEIC 英語
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。