トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)対策…英語が聞けるようになるには

 トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策
トーイック(TOEIC)対策で英語を勉強する場合、「英語の発音」を「日本語のかな」に対応させようとする人が多い。しかし、英語の音と日本語の音は、根本的に異なるため、カタカナで覚えていてもリスニングには意味がありません。英語の音は英語の音として、そのまま覚えなければいけないのです。つまり、感覚的には英語の文字の読み方を覚えるというより、新しい音を覚えると言った方がしっくりくるでしょう。
例えば、歌を歌う場合、歌詞を全部覚えなくてもメロディーは覚えています。音を覚えるためには、何回かよく聞き、自分でも何回か練習する。そして、初めて自分で歌えるようになる。英語の発音もこれによく似ています。歌詞ではなく音とリズム。つまり、英語の音(発音)を良く聞き、リズム(アクセント)を覚え、自分でも何度も声に出してみる。そうやって、初めて英語の音を聞きわけることができるようになるのです。
iPodで新TOEICテスト リスニング完全攻略  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。