トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)対策…効果のあがるリスニング法

トーイック(TOEIC)対策の学習でまず重要になるのは教材選びだろう。自分が面白いと思えるものが1番だが、面白いと思えても自分のレベルに合っていなければいけません。必ずテープまたはCDがついているものを使うようにします。どのようなレベルを選ぶかは、聞いて理解できるか、英作文ができるかを基準に決めると良いでしょう。初心者の方は、やはりNHKのラジオ講座や教育テレビが安価でおすすめです。
次に教材を開いたらリスニングを開始する前に教材の絵を見て、どんな話の内容になるのか想像してください。そして実際に聞きながらも、この先どうなるのかを予測しながらリスニングします。最初から英語が聞き取れる人はいません。聞き取りのレベルに差が出るのは勘を働かせているかいないかということも大きいのです。特にトーイック(TOEIC)のリスニングなど短い時間で判断しなければならないものには特に有効です。ある程度英語が聴き取れるようになっても、知らない単語はたくさん出てきます。それにたいして前後の関係や状況判断など、勘を働かせてリスニングする事が重要です。
この項つづく
タグ:TOEIC 英語
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。