トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)対策…リスニングの秘訣

トーイック(TOEIC)対策で重要なリスニングは自信を持つことが大切です。発音が速くてよく分からないと最初から決め付けてかかり、リスニングは難しいと思い込んでいる人もいると思いますが、一度発想をかえてみましょう。リスニングをして最初から分かる人はいないのだから自分を責めることはありません。精神論のように聞こえるかもしれませんが、1つ聞き取れれば次もまた1つ聴き取れるようになるものです。そうやってだんだんと増やしていけばいいんです。自分にもできると信じて英語を聴く。きっと聴けるはずです。

トーイック(TOEIC)対策で重要なリスニングはとても集中力を必要とします。なにか他のことをやりながらとか、混んでる電車の中で聞いても余り身に付きません。初心者の方は特に。
集中して15分聞いたほうが、だらだらと1時間聞くよりもよっぽど効果があります。もちろんたくさん聴くことも大切です。しかしその前に、少ない時間でも集中して確実に音を覚えることが先決です。覚えた音が増えてきてからたくさん聴くようにした方が、より確実に聴き取れるようになりますよ。

CD付TOEICテストスーパートレーニングリスニング編  
タグ:英語 TOEIC
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。