トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)対策訓練…発音・アクセント編

トーイック(TOEIC)対策に重要なリスニングで聞き取るには、自分でも英語の音を発音できなくてはいけません。どんな発声をすれば英語の音になるのか分かれば微妙な発音の違いが聞きとれるようになります。つまり自分が知らない音、把握できていない音は聞き取れないということ。英語の発音は聞こえてくる音をそのまま覚えてください。
発音を覚えるに最適なのは、ネイティブが話す口元を見ながら発音を聞き、目と耳で確認してその通りにマネをすることです。そういう機会はなかなかないので、テレビの英会話番組を利用しましよう。初級クラスならゆっくり発音してくれるので口元も確認できます。リスニングできる耳を作るには新しい音を自分の目、耳、で何度も確認し、実際に声に出して何度も練習する繰り返しの訓練によって培われるのです。
英語で発音よりも重要な場合が多いのがアクセントです。発音が少々悪くてもアクセントが正しければ通じる場合もあるが、いくら発音がよくてもアクセントが違うとまったく通じません。日本語は音として平らな言語ですが、英語は全てにアクセントがあるため英語全体にリズムが生まれます。リスニングや英会話ではこのリズムを掴むことが大切です。自分で英語を発音する場合、アクセントがある部分を大げさかなと思うくらい思い切って強く発音しましょう。アクセントを自分のものにするには、やはり本当の発音を聞き、自分でも繰返し声に出して練習することで自然に体から覚えることができるようになります。
タグ:英語 TOEIC
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。