トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)対策…リーディングの秘訣

トーイック(TOEIC)スコアレベルアップで大切なリーディング力をつけるために、英文を読むときは目で見て、頭の中で理解するだけでなく、声を出して読み理解するようにしてみましょう。実は、文章を黙読して理解するよりも、音読して理解する方が難しいのです。
それは、自分が発音することに注意が向けられてしまうために理解度が落ち、前に読んだところを覚えていられなくなるためです。逆に言えば、声に出して読みながら理解するのは、かなり集中力を必要とするため、英文を読むときの集中力を身につけることができのです。
また、音読しながら理解するにはその内容を覚えておかなければならず、そういった訓練をすることで記憶力もつくようになり、リスニングにも効果があがります。さらに音読することによって、文字だけで理解するのではなく、音から理解する構造を自分の中に作ることになり、リスニングだけでなく声に出す訓練をすることからスピーキングにも効果が期待できます。とにかく、目、耳、口と、使えるものをすべて総動員して英語を読むことで、より確実に自分の中に英語が入ってくるようになります。
また英文を読んでいるときに、知らない単語もなく文法もわかる。自分では理解しているつもりで読み進める。そして、読み終わることができ満足して終わっていませんか。本当に理解できているかどうか確認するには、1章節を読み終えたら英文を置いて、頭の中だけで内容を再確認してみてください。文章を見ずに頭の中だけで内容を再現してみるのです。これができれば、本当に理解できていることになるし、内容があやふやであれば、「わかったつもり」だったことになります。
タグ:TOEIC 英語
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。