トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)リーディングはこうして攻略

トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策
トーイック(TOEIC)のリスニングは自分で時間配分するわけにはいきませんが、トーイック(TOEIC)のリーディングの方はある程度自分のペースで解くことができます。かといって難しい問題に時間をかけたりしてペース配分を間違えると、制限時間内に全てにマークすることができなくなってしまいます。リスニングと同じくトーイック(TOEIC)のスコアに必要なのは正解した数であって簡単な問題も難しい問題も、1問正解に変わりはありません。ここでも迷った問題は勘でマークして、次の問題に集中するという心構えが必要です。時間があれば解けるかもしれない問題を解く時間がなくなっちゃうのはもったいないですよね。人によって時間配分は違いますが、自分にあったペース配分を決めてそれを守ることが大事です。模試などをやってみた上で各パートごとの制限時間を決めて(たとえばパート5,6は1問30秒、パート7は1問1分とか)5問か10問ごとにチェックしましょう。それでもたいていの人が、最後まで終わらずに制限時間が来てしまいます。慌てずに制限時間が近づいたら適当にマークしてとにかく全部うめてください。
新TOEICテストスコアアップ完全模試
TOEIC testリーディングの鉄則
タグ:TOEIC 英語

トーイック(TOEIC)と英検の違い

トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策 

トーイック(TOEIC)は受験者全員が同じ試験を受け「スコア」という数値で評価をうけます。
トーイック(TOEIC)900点を目標にしていた人が890点で目標に達しなかったとしても
「トーイック(TOEIC)890点」という資格を得ることはできるわけです。これは700点でも500点でも同じこと、トーイック(TOEIC)を受けた時点で何らかの資格を手に入れるわけです。

しかし英検はそうはいきません。合格しないと資格をもらえないのです。合格点をたとえ1点
でも下回ったらなんの資格にもならないのです。

トーイック(TOEIC)は初心者,上級者にかかわらず同じ試験を受けます。
一方、英検の方は自分にあった「級」を選択します。何回も受けている人なら良いですが
英検経験の浅い人、初めて受けようとする人には自分がどのくらいのレベルなのかの判断は難しいものです。
自分にあった級を選ばないと受験料の無駄になってしまいます。簡単過ぎても難し過ぎても後悔する事になります。

トーイック(TOEIC)の場合はそんな悩みはありません。試験を受けさえすればいいのですから。
模試データ分析でわかったTOEICテスト4万人の弱点 
毎日忙しい人が10日間でTOEIC 800点レベルの語彙力を目指す効率学習英単熟改訂版  
タグ:TOEIC 英語 英検

トーイック(TOEIC)ってなに?

トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策

TOEICはTest Of English for International Communicationの頭文字を取ったもの。日本語にすれば「国際コミュニケーションのための英語の試験」。よくトーイック(TOEIC)はビジネス英語の試験と思っている人もいますが、トーイック(TOEIC)は一般的な英語力を測る試験です。もちろんビジネスに関連した問題もありますが特にビジネスの知識を必要とはしません。
トーイック(TOEIC)のスコアは就職、転職、昇進、昇給の条件とされたり、大学で○○○点以上で単位の代わりにできるなど色々なところで活用されています。

現在、全世界で年間約450万人、日本で約150万人が受験しているそうです。

トーイック(TOEIC)は通常一年に8回、1,3,5,6,7,9,10,11月の下旬の日曜日実施。
会場は都道府県単位での選択のみで必ずしも最寄の会場になるとは限りません。

☆トーイック(TOEIC)の受験料・申し込み方法
トーイック(TOEIC)の受験料は税込みで6.615円です。

申し込み方法
1.インターネット申し込み
  トーイック(TOEIC)の公式サイトでオンラインで申し込む。
2.コンビにでの申し込み
  セブン・イレブンに設置されているマルチコピー機で申し込み後レジで受験料を支払う。
  くわしくは公式ホームページで。
3.申込書を郵送する。
  書店や大学生協に置いてある申込書に必要事項を記入し、店頭で受験料を支払い、申込書と支払の領収書をTOEIC運営委員会に郵送します。

※必ずご自身でTOEIC公式サイトなどでご確認下さい。


☆トーイック(TOEIC)の試験の構成
トーイック(TOEIC)の問題はリスニングとリーディングの2つに分かれています。
リスニング100問(45分)、リーディング100問(75分)の計200問です。

その内訳は
☆リスニングセクション

パート1 写真描写問題 10問
パート2 応答問題 30問
パート3 会話問題 30問
パート4 説明問題 30問

☆リーディングセクション

パート5 短文穴埋め問題 40問
パート6 長文穴埋め問題 12問
パート7 読解問題 48問

問題はマークシート方式で選択式。リスニングのパート2の30問分だけ3択であとは全部4択です。
各セッションの問題のサンプルはTOEIC公式サイトhttp://www.toeic.or.jp/toeic/new/new02.htmlをご覧ください。


☆トーイック(TOEIC)の展望
トーイック(TOEIC)のスコアを企業が就職・転職・昇進・昇給の時の条件にしたり、考慮したり、大学がトーイック(TOEIC)のスコアによる単位認定制度を導入したりと、確実に活用の場が広まっています。

ある企業に対するアンケート調査では、「社員を採用する際にTOEICのスコアを考慮している」が55.7%、「今は考慮していないが、将来は考慮したい」が17.6%で合わせると73.3%の企業がトーイック(TOEIC)の導入を推進しています。昇進や昇給の際の要件としている企業は18.8%、将来は要件としたいという企業は30.9%合わせると約半数の49.7%になります。
また単位認定として、トーイック(TOEIC)をすでに利用している学校は43.5%、将来検討している学校は22.2%、合わせると65.7%にもなります。
(TOEIC公式サイト参照)

(NDS)TOEIC TEST DSトレーニング

タグ:TOEIC 英語

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。