トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)を安く受けるにはカテゴリの記事一覧

トーイック(TOEIC)を安く受けるには

トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策

トーイック(TOEIC)の公開テストは基本的に年8回行われます。トーイック(TOEIC)運営委員会が会場を確保し開催するもので申し込めば誰でも受けることが可能です。
この他に企業や学校などの機関が開催するIPテストと呼ばれるものがあり、基本的にその機関に所属している人が通常より割安の価格ででき、場合によりますが1000円ほどで受けられることもあります。日にちも公開テストとは別にその機関が決めます。
ただIPテストの場合トーイック(TOEIC)のスコアシートが出ません。受験者は自分のスコアを知ることはできますがTOEIC運営委員会が発行している「スコアシート」をもらうことはできないのです。IPテストを受けた機関内であれば、資格としての有効性はありますが、他の機関ではIPテストを公式なスコアとして認めてくれないことも考えられます。

トーイック(TOEIC)を以前受けたことがある人には再受験割引券が送られてきます。
この券を使えば公開テストで6.615円が6.000円になるのでお得です。
ただこの割引券はいつ送られてくるかわかりません。基本的には1年後の前回受験した回と同じ回に合わせているようです。この割引券は指定されている回でしか使えませんので注意が必要です。知人からゆずり受けるなどして有効に利用しましょう。
これと同じくTOEICインターネット・サービス(個人向け)へIDを登録して、そこからTOEIC公開テストをインターネットで
申し込んだ人に限り、きっかり1年後のテストをリピート受験割引価格の6,000円で受けられます。割引で申し込むには、1年前のTOEIC公開テストを申し込んだIDで、Webサイトにログインし、そこから申し込むことが条件です。

新TOEICテストここを押さえる!
新TOEICテストリスニング満点への近道
タグ:TOEIC 英語

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。