トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)対策…リスニングの秘訣

トーイック(TOEIC)対策で重要なリスニングは自信を持つことが大切です。発音が速くてよく分からないと最初から決め付けてかかり、リスニングは難しいと思い込んでいる人もいると思いますが、一度発想をかえてみましょう。リスニングをして最初から分かる人はいないのだから自分を責めることはありません。精神論のように聞こえるかもしれませんが、1つ聞き取れれば次もまた1つ聴き取れるようになるものです。そうやってだんだんと増やしていけばいいんです。自分にもできると信じて英語を聴く。きっと聴けるはずです。

トーイック(TOEIC)対策で重要なリスニングはとても集中力を必要とします。なにか他のことをやりながらとか、混んでる電車の中で聞いても余り身に付きません。初心者の方は特に。
集中して15分聞いたほうが、だらだらと1時間聞くよりもよっぽど効果があります。もちろんたくさん聴くことも大切です。しかしその前に、少ない時間でも集中して確実に音を覚えることが先決です。覚えた音が増えてきてからたくさん聴くようにした方が、より確実に聴き取れるようになりますよ。

CD付TOEICテストスーパートレーニングリスニング編  
タグ:英語 TOEIC

トーイック(TOEIC)対策…効果のあがるリスニング法

トーイック(TOEIC)対策の学習でまず重要になるのは教材選びだろう。自分が面白いと思えるものが1番だが、面白いと思えても自分のレベルに合っていなければいけません。必ずテープまたはCDがついているものを使うようにします。どのようなレベルを選ぶかは、聞いて理解できるか、英作文ができるかを基準に決めると良いでしょう。初心者の方は、やはりNHKのラジオ講座や教育テレビが安価でおすすめです。
次に教材を開いたらリスニングを開始する前に教材の絵を見て、どんな話の内容になるのか想像してください。そして実際に聞きながらも、この先どうなるのかを予測しながらリスニングします。最初から英語が聞き取れる人はいません。聞き取りのレベルに差が出るのは勘を働かせているかいないかということも大きいのです。特にトーイック(TOEIC)のリスニングなど短い時間で判断しなければならないものには特に有効です。ある程度英語が聴き取れるようになっても、知らない単語はたくさん出てきます。それにたいして前後の関係や状況判断など、勘を働かせてリスニングする事が重要です。
この項つづく
タグ:TOEIC 英語

トーイック(TOEIC)対策…身につく学習法とは

トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策
トーイック(TOEIC)対策で大切なリスニングがどうも苦手だという人も多いと思います。その理由としては英語の本当の音を知らないということと、英語をきちんと理解していないということがあげられます。つまりTOEICのリスニングでは流れてくる英語を一瞬で理解しなければいけないのに、英語の文法や構造がきちんと身についていないと難しいことなのです。
学校の勉強は読むことが中心なので読めばなんとなく解るという人は多いが、英文を作るにはどんな文法を使いどんな単語を使うか分からないとできません。本当に英語ができる人とは英語を作ることができ、その英語を一瞬で理解できる人だともいえます。
リスニングを中心に学習することによって、自分がどの程度英語を理解しているか知ることができます。それは読んで理解できるレベルよりかなりレベルが低くなるかもしれませんが、それこそが自分の真のレベルであり、そこから始めれば本当に使える英語が習得できると思います。実際に聞いたり発声したりすることで読むだけの英語では育たなかった回路が増え、より記憶として残りやすくなります。
ただし闇雲に聞けばいいというものではありません。次回は具体的な方法を説明します。
TOEICリスニング聴躍のルール  
タグ:英語 TOEIC

トーイック(TOEIC)対策…英語が聞けるようになるには

 トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策
トーイック(TOEIC)対策で英語を勉強する場合、「英語の発音」を「日本語のかな」に対応させようとする人が多い。しかし、英語の音と日本語の音は、根本的に異なるため、カタカナで覚えていてもリスニングには意味がありません。英語の音は英語の音として、そのまま覚えなければいけないのです。つまり、感覚的には英語の文字の読み方を覚えるというより、新しい音を覚えると言った方がしっくりくるでしょう。
例えば、歌を歌う場合、歌詞を全部覚えなくてもメロディーは覚えています。音を覚えるためには、何回かよく聞き、自分でも何回か練習する。そして、初めて自分で歌えるようになる。英語の発音もこれによく似ています。歌詞ではなく音とリズム。つまり、英語の音(発音)を良く聞き、リズム(アクセント)を覚え、自分でも何度も声に出してみる。そうやって、初めて英語の音を聞きわけることができるようになるのです。
iPodで新TOEICテスト リスニング完全攻略  

トーイック(TOEIC)対策…英語学習で重要なことは?

トーイック(TOEIC)で良い点を取りたい人はリスニングとリーディングをやればいいやと思うかもしれません。しかし物事には順序というものがあるように、リスニングなどはほとんど経験が無いのにいきなり最終目標を目指すのは好ましくありません。教習も受けていない人がいきなりクルマを運転しようとするようなものです。

英語は、語彙、英文法、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングなどに分けることができます。この中でも基本にあたる語彙、英文法、リスニングをしっかりやることが重要です。リーディングは語彙と英文法の応用ですので、この2つができていればリーディングの力はすぐに向上します。スピーキングは語彙、英文法、リスニング全てが必要になってきます。「リスニング力で正しく聞き取った発音で自分の言いたい単語を正しい語順で並べて話す」それがスピーキングです。
ですから語彙、英文法、リスニングの3つの基礎がしっかりすれば英語の基礎は完成します。
あなたも英語のできる人になれるはずです。

☆日本人が「英語をモノにする」一番確実な勉強法
☆ iPodで新TOEICテスト リスニング完全攻略 167073
タグ:TOEIC 英語

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。