トーイック(TOEIC)対策でスコアアップをはかろう!

トーイック(TOEIC)は現代においてもはや必須といってもいいほど重要なものになっています。
たとえば就職や転職の時はどうでしょう。トーイック(TOEIC)のスコアが良かろうが
悪かろうがスコアの提出を求められます。就職しても企業は昇進や昇級において
トーイック(TOEIC)で一定以上のスコアを取らねばならなかったり、考慮したりします。
この傾向は英語と直接関係のない仕事をしている場合でも強くなっています。
トーイック(TOEIC)のスコア、それもより高いスコアが要求されるようになるのです。
しかし、トーイック(TOEIC)で高いスコアを取るのはそれ程簡単なことではありません。
高い英語力はもちろんのこと、トーイック(TOEIC)の問題傾向を知っていることトーイック
(TOEIC)を解きなれていること、試験においてのテクニックを知っていることなど、実力と
テクニックの両方が必要となってくるのです。もちろん英語の実力がより重要なのは
いうまでもなく、2006年5月にトーイック(TOEIC)が改訂され新トーイック(TOEIC)
になって以来その傾向がさらに強くなっています。このブログでは次のような
トーイック(TOEIC)の傾向、勉強法、攻略法などを解説します。

トーイック(TOEIC)対策訓練…英単語編カテゴリの記事一覧

トーイック(TOEIC)対策…英単語暗記の秘訣

 トーイック(TOEIC)スコアレベルアップ対策
トーイック(TOEIC)対策する上で英単語は、テキストの中で文字と文字を対応させるだけでは、なかなか覚えられません。それでも、覚えなくちゃと無理に丸暗記をするなんて考えただけでもつらいですね。悲しいことに、社会人は日に日に暗記力が衰えているし。今さら丸暗記とは、無謀というもの。
英語は、言葉です。言葉は、自分の「思い」を伝えるための道具なわけで、テキストでパズルのように、文字を埋めるためのものではありません。テキストの中で英語を動かしているだけでは、単なるお勉強の知識で終わってしまい、本来の言葉としては生きてこないと思います。つまり、使わなくては何の意味もないということ。勉強のできる人なら、「でる単」の中だけで単語を覚え、それを応用することもできるかも知れません。でも、勉強のできない人は、体を使ったり、想像力を膨らませて覚えるしか手はないのです。
まずは、自分の生活の一部に組み込んで英単語を覚えることをおすすめします。例えば、身の回りのものを次々に英語にしていく。また、新しく出てきた単語を、ただ丸暗記するのではなく、自分で文章を作って覚えてみる。また、書いて覚えられない人は、口に出して言って覚えてみる。などなど、自分なりに工夫しながら自分が一番覚えられる方法を探していくのがよいと思います。
また、想像力を膨らませるには、文章の中で覚えるようにします。物語や、新聞記事や、エッセイなど、その文章の中で想像力を膨らませると、その文中に使われている単語のイメージも、文章と共に出来上がって来ます。そうすれば、強烈な印象を残すことができるので、覚えるそばから忘れていくなんてこともなくなるでしょう。
タグ:英語 TOEIC

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。